フォアハンドを初心者が安定して打つには?

テニスのフォアハンドでミスをするとよく言われるのが、「ボールをよく見ろ」というアドバイス。

 

確かにボールを見ないと打つことができないので、正しいように思えますが、実際にテニスをはじめたばかりの初心者に言うと、かえって逆効果になることがあります。

フォアハンド初心者が安定して打つ

 

というのも、足が止まってフットワークが悪くなったり、上半身も固まってしまいミスをしたり、威力のあるボールが打てなくなってしまうケースが非常に多くなってしうまことがあるからです。

 

 

ボールを見ることに一生懸命になりすぎると気づかないうちに腕に力が入り、スムーズにラケットが振れません。

 

ボールをよく見ろ、というのは、ボールだけを凝視するということではなく、その背後などを含めて全体を広く見ることです。

 

つまり周辺視野で背景全体をぼんやりとでもいいので視界にいれておくということ。

 

 

実際、一点を凝視する行為は無意識のうちに筋肉の緊張を生むので、腕や足に余計な力が入って、動きが悪くなってしまいます。

 

なので、ボールは視界の中心に置きますが、相手やネット、コートも大まかに見ておくようにします。

 

そのように視野を広くとることで、身体がリラックスしやすくなって、足が軽やかになってフットワークもスムーズに行え、腕も滑らかに振れ、ミスショットも減るはずです。

 

 

また、ショットの安定性を高めるために欠かせないのがフォアハンドのフォーム。

 

フェデラーのォアハンドのフォームを見ると、姿勢が乱れないんですよね。
打った後も打点をずっと見ています。

 

フォアハンドで打ったとも打点に目線を残すのは、へッドアップを防いで、身体のをがキープできる効果があるんですね。

 

 

その結果、フォアハンドが安定し、威力もアップするんだ。そう気づかされました。

 

フォアハンドで初心者が安定して打つうえで大切なのは、ボールを見ることよりも、顔を残すことではないかと思います。

 

TOPへ

 

このページの先頭へ戻る