フォアハンドの打ち方の注意点

テニスのフォアハンドの打ち方でよく聞く注意点が「身体を開かずに打て!」というアドバイスです。

 

あなたも一度は言われたことはありませんか?あるいは「横向きで打て」と言われたことがあるかもしれませんね。

フォアハンドの打ち方

 

なぜ、そのように言うのかといえば、大振りをしないようにするためです。

 

 

ですが、これを忠実に守ろうとすると、かえって身体が邪魔になって、腕を前に振れずに、ボールを上手く飛ばせなくなってしまいます。

 

プロのテニスプレーヤーを見ても、横向きで打っている選手は誰もいません。

 

フォアハンドは利き腕が後ろにあるので、身体を回すことで腕を前に出すことができ、ラケットのスイングの速さもアップさせられるんですね。

 

 

オープンスタンスでも、スクエアスタンスでも、胸が前を向くのが自然な形です。
これはスタンスを問わずフォアハンドの打ち方の基本です。

 

ですが、顔は前ではなく、打点に向けて残すようにしなければなりません。

 

その際の打点の位置はというと、オープンなら右ひざ、スクエアなら左ひざが向いた先が、だいたいの目安になります。

 

 

したがって、身体を前向きに回し、左ひざが向いた方向の延長線でボールをヒットし、インパクトでは胸が正面を向くようにします。

 

「体を開かずに打て」というのは、正しくは身体を前に向けた先が腕を振りやすいし力も入るということです。

 

なお、身体を回すといっても、右肩が左肩よりも前に出てはいけません。ヘッドが身体を追い越すことができす、打点が送れるからです。

 

TOPへ

 

このページの先頭へ戻る